前へ
次へ

初期費用が安い賃貸マンションを選ぶ

不動産屋で賃貸マンションを選ぶ時には、初期費用に注目する事が大事です。入居する前に初期費用を支払う必要があるので、当然初期費用が安い程少ない予算で入居する事ができます。初期費用は、物件によって違いがありますが注目したいのが敷金と礼金です。この2つが初期費用の大半を占めていることが多く、物件によって礼金や敷金が必要ない所もあります。さらに、敷金が必要であっても、家賃の一か月分から三か月分までさまざまです。もし、少ない予算で入居したいのであれば礼金や敷金が必要ない物件を選びます。両方必要ない物件はそう多くはないので、せめて片方が必要ない物件を選択します。ただ、敷金が必要ない物件は注意する点があります。敷金は、賃貸マンションを退去する時に修理費用などにあてられる事が多いです。長年住んでいると、床や壁に傷がいったり、設備の不具合が発生することもあります。敷金を支払っておけば退去する時に修理が必要であっても敷金からその費用を出すことができますが、敷金を支払っていない場合は自分の所持金から出さなければいけない事があるので退去費用が高くなる事があります。

Page Top