前へ
次へ

賃貸マンションでの20Aと30Aの暮らし

現代の生活においては電気なしでは難しいかも知れません。冷蔵庫やエアコンは日常的に使いますし、テレビがないと寂しいでしょう。そのほかキッチン家電や洗濯機や掃除機なども使うときがあります。賃貸マンションを利用するにあたっては電力会社との契約があり、それによって使える電気の量が異なります。一般的には20A以上での契約をすることが多いとされていますが、いざ住み始めるとそれでは足りないつまりはブレーカーが良く落ちる可能性があります。賃貸マンションにおいて20Aで契約するか30Aで契約するかでは毎月の電気料金に違いがあります。基本料金が異なるためで、当然30Aの方が高くなります。一方30Aであれば一度に使える家電製品が多くなり、常時使うエアコンと冷蔵庫の他にテレビや洗濯機、その他の家電も利用できるでしょう。女性であればドライヤーを使うことがあるでしょうがこちらはかなりの電気を使います。使うたびに他の家電を消せるなら20A、それが面倒なら30Aにすると良いでしょう。

Page Top